魔法の言葉「八つ当たりしてごめんね」

怒ることは、自分で毒を飲むのと同じらしい。

 

 

ところで

私の一番よいところは、基本的に常にごきげんなところ(だと思っている)。

 

 

自分で言うのもなんだが、常にごきげんなパートナーを得るかどうか・・・これは、相当な割合で配偶者の人生の幸福度を左右する(と勝手に思っている)。

すて奥(素敵な奥さん)

 

 

疲れて家に帰ると・・・そこには、ご機嫌な女がいる。

 

ポカをやらかしたあなたの隣には・・・すべてを笑い飛ばしてくれる女がいる。

 

 

つまり、ごきげんな妻をゲットした夫、これはもう三国一の幸せもんと認定してもいいのではないかと。

 

ーーーーー

 

 

 

でも・・・

実は昨日、

 

やっちゃったのよ。

 

 

ちょっとした口論で、夫を黙らせちゃった。

 

 

こういう時、男は絶対に女には勝てないようになっているからね。だってこっちは最終兵器・感情論で握りつぶせるからね。

 

 

 

 

それにしても、いらん労力と空気の悪さを生み出してしまったわ。

 

そう、普段の私は、かなり自分の心に余裕を持つように心を鍛えているので、たいがいのことには目くじら立てずにいられる=ご機嫌でいられるのだけれど。

 

 

今日はちょっと、実家の猫が具合悪かったりして、私なりにかなり心が不安定であったのだ。

 

人間、やらかすのは余裕がない時と決まっているの。

 

ついつい、ムキになっちゃったのよ。

 

 

ーーーー

 

こんなことでは、ご機嫌妻(ごきげんづま。略してゴキツマ)連合の名折れ!

 

ということで、かなり空気が重い中、呪文を唱えてみましたよ。

 

 

「八つ当たりして、ごめんね」

「さっきのあれ、八つ当たりだわ」

八つ当たりは、自分でそれに気づけるスキルが重要

 

 

そしたら・・・

 

たちまち2人の間のブリザードが緩和し、春が訪れるのを感じたわ。

 

 

夫も、「ぜんぜん気にしてないよ」ですって。

 

ーーーー

 

ムカついた時ほど、折れてみる。

自分に余裕がないだけかも。と考えてみる。

 

そして、やってしまった重い空気のあとにはぜひ、魔法の言葉

 

「八つ当たりしてごめんね」

 

 

お試しあれ。

自分をも飼い慣らして、生きていきましょう。

 

(おしまい)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です